症例紹介|岡山市北区の動物病院「つだか動物診療所」|page2

症例紹介

フレンチブルドッグ誤食 胃切開

動物情報フレンチブルドッグ 生後4ヶ月症状・来院理由ライターを噛み砕いて食べたとご来院されました。診療内容レントゲンすぐに状態を確認。胃の出口(幽門)から十二指腸あたりに長さ約13 mmの針状金属が観られました。内視鏡異物の先端が尖っており、...
続きを読む

症例紹介について

当院で診察したワンちゃん・猫ちゃんの症状をご紹介いたします。
続きを読む

ページトップへ戻る