ブログ|岡山市北区の動物病院「つだか動物診療所」

ブログ

カテゴリー:

すべての投稿

会陰ヘルニア整復

  • その他
未去勢のオス犬にしばしば発生する病気です。私は雌犬でこの症例を診たことがありません。去勢手術をすることでこの病気の発生率や、再発のリスクを下げることができる男性ホルモンの影響が大きい疾病です。 患畜は13歳のシーズーで、御多分に洩れず未去勢のオスです。数ヶ月前から排便し辛くなり、肛門右側が膨らんでいるとのことでした。飼い主様は腫瘍ができたと思い、そのまま何もせずに余生を送らせようと考えられて...
続きを読む

両側腹腔内潜在精巣

  • その他
今まで犬や猫の潜在精巣を診察し去勢をしてきましたが、今回初めて両側の腹腔内潜在精巣に遭遇し、去勢手術を実施しました。患者さんは生後9ヶ月のチワワです。生後5ヶ月頃の初診時に睾丸が定位置に見当たらないことを指摘しておりましたが、生後9ヶ月を経過しても本来の位置には睾丸を確認できませんでした。麻酔をかけて力が抜けた状態で、再び鼠蹊部周辺を隈なく触診してみましたが、皮下には両側の精巣を確認することが...
続きを読む

タマネギの誤食

  • その他
昨夜の終業後、「犬がタマネギを食べたかもしれん。大丈夫でしょうか?」という電話をいただきました。ご存知の方も多いと思いますが、タマネギ、ニラ、ニンニク等のネギ属に含まれる有機チオ硫酸化合物が赤血球を酸化させ壊れやすくします。そうすることで溶血性貧血を引き起こし、ひどい場合には死亡することもあります。飼い主様の心配されるお気持ちは理解できますが、大丈夫かと尋ねられてもタマネギの摂取量や個体の感受...
続きを読む

M.ダックスの膀胱結石

  • その他
「最近赤い尿が排尿の最後に出る。」という稟告で来院された13歳のメスのM.ダックスさん。レントゲン検査とエコー検査で、膀胱内に結石があることが分かりました。膀胱結石は3個確認でき、直径5〜6 mmで金平糖のようにギザギザした形状をしているようです。形状から推測される結石成分はシュウ酸カルシウムですが、単一成分でない結石もあるので、詳しくは成分検査をしてみなければ分かりません。 ということで膀胱を切開...
続きを読む

チワワの難産介助

  • その他
早朝の電話。電話に出てみると弊院の飼い主様からでした。知り合いが飼育しているチワワが難産になっているとのことでしたので、直ぐに来院いただくことにしました。想定される検査や処置の準備をして待ちましたが、なかなかいらっしゃいません。瀬戸内市の方からの電話だったので、来院される方も遠くの方かもしれません。どのような状態か不明ですが、時間の経過は胎児にとって命取りです。 ようやく来院され、連れてこ...
続きを読む

ページトップへ戻る