診療案内|岡山市北区の動物病院「つだか動物診療所」

診療案内

診療方針

「気軽に相談でき、地域のみなさまから信頼される動物病院でありたい」
飼い主様とペットたちへ寄り添った診療を行うことをモットーに、つだか動物診療所を開院いたしました。
当院では、皆様に納得した診療・治療を受けていただけるよう、飼い主様と相談の上、診療方針を決めさせていただいております。
また、地域のかかりつけ医として従事したいと考えておりますので、ペットの容態が急変した際はいつでもご相談ください。 診療時間外でもできる限り対応させていただきます。

診療対象

犬・猫が診療対象です。
※その他ペットの診療に関しては、別途お問い合わせください。

診療内容

全ての分野において、専門的な診療を行えるように日々努力しております。原因不明の不調などがございましたら、一度ご相談ください。

一般診療

ペットお預かり

健康診断・各種検査

入院・各種外科手術

予防処置・ワクチン

トリミング

避妊・去勢

手術時期は「満5ヶ月以上」であることが望ましいです。
また、手術するにあたり、可能とされる状態(体調や成長具合など)であることを確認するために必ずご来院いただき、診察後のご予約となります。

避妊・去勢に対する想い

地域猫の避妊・去勢手術に7頭連れて来られた方がいらっしゃいます。手術代金を頂くのが気の毒でした。
この地域猫の問題は、いつも頭の痛いところです。基本的には、地域猫には餌をやらないことです。可哀そうだというなら餌を与えても構いませんが、やるからには責任を持つことです。無責任に餌を与えてはいけません。この場合の責任には避妊・去勢手術をして、これ以上猫を増やさないという文言が入ってきます。そうでなければ地域猫は増え続け、地域の人達から厄介者扱いされ、人も猫も幸せにはなれません。よく考えて餌を与えるべきです。
我々も地域猫の避妊・去勢手術に関して、協力できることをしていこうと思います。

ワクチン接種

子犬

子犬には、母親からもらった免疫が弱くなる生後2~3ヶ月頃から様々な伝染病にかかる可能性が高まりますので、早い時期での複数回のワクチン接種が必要です。
飼い主様の元に来てからは、新しい環境に慣れて1週間経った上で6週齢以上で1回目、その後3週間以上開けて2回目を接種します。
当院では、5種か6種のワクチンを飼育環境によって、飼い主様に選んでもらっています。

子猫

子猫には、生後2~3ヶ月頃から2回、ワクチン接種が必要です。状態によって、3回接種することもございます。
当院では、3種または5種のワクチンを飼育環境によって、飼い主様に選んでもらっています。

料金表

避妊・去勢

※消費税別
※検査代は別途かかります

小型 去勢手術:20,000円~
避妊手術:30,000円~
中型 去勢手術:25,000円~
避妊手術:35,000円~
大型 去勢手術:30,000円~
避妊手術:40,000円~
去勢手術:10,000円~
避妊手術:20,000円~

混合ワクチン

※消費税別

6種まで:5,000円
7種から:6,000円
3種:6,000円
5種:6,000円

ペット保険について

アニコム損保アイペット損保のペット保険については、当院の窓口で精算可能です。
その他の保険をご利用の場合、飼い主様による請求手続きとなります。詳細はお問い合わせください。

ページトップへ戻る