フレンチブルドッグ誤食 胃切開|岡山市北区の動物病院「つだか動物診療所」

症例紹介

フレンチブルドッグ誤食 胃切開

動物情報

フレンチブルドッグ 生後4ヶ月

症状・来院理由

ライターを噛み砕いて食べたとご来院されました。

診療内容
  • レントゲン
    すぐに状態を確認。胃の出口(幽門)から十二指腸あたりに長さ約13 mmの針状金属が観られました。
  • 内視鏡
    異物の先端が尖っており、消化管を傷つける可能性がある為、急いで内視鏡にて取り出そうと試みました。
    異物や位置は詳細に確認できたものの、びくともしません。
  • 回復・胃切開
    すぐに開腹して異物を取り出しました。
    長さ2~3 cm位のフック付きの画鋲の一種でした。

 

ライター同様にこれも誤食してしまったのでしょう。

写真のような形状が災いして引っ掛かって動けなくなったようです。

放置していたら危険な状態だと思われました。

今回はライターを噛み砕いたことで来院され、偶然にも早期に対処することができて本当に良かったと思います。

ページトップへ戻る